H o m e 協会概要 検定試験
講   習
書籍・書類 大規模災害
支 援 協 定
会 員 の
組織変更等
雇 用 情 報
ネットワ−ク
ワンストップ
サ − ビ ス
関連団体 L i n k 会 員 専 用
Member Only
支 部 専 用
Chapter Only








 建設産業は、バブル経済の崩壊後、不良債権の処理が進まない中で、公共工事予算の削減、民需の低迷など厳しい経営環境にさらされております。
 政府は、「建設産業構造改善推進3カ年計画」、「建設産業再編促進策」等を発表し建設産業の構造転換を進めつつありますが、今後、建設産業の変革が進むと、より厳しい雇用問題が発生することが予想され、人的資源の活用を図るなど失業なき労働移動を支援するしくみの早急な構築が必要となっております。

 このような中、社団法人全国建設業協会において建設産業における人材の活用と産業間にわたる円滑な移動をめざし「建設産業雇用セーフティネット構想」を策定されました。
 このため本会では、この構想に賛同し全建の「雇用ネットワーク」のページをホームページにリンクさせ、今後の人材育成、人材の出向・移籍、助成金等、建設産業の雇用に関連した情報の提供に協力してまいります。
  
・・・ 全国建設業協会 雇用情報ネットワークのページ ・・・
 
前のページへもどる